祇園花見小路の割烹 五感全てで味わう、和洋にこだわらない新しい京料理をお届けします

2017.11.08

ベルギー王国で、私どものめざす「五感を感じる」京料理と、ベルギーのミシュラン1つ星フレンチレストラン「アラベル・メイルラン」との饗宴をいたしました。

割烹 祇園あきしの 女将の坂根良枝でございます。日頃は皆様に大変お世話になりまことに有難うございます。

このたび割烹 祇園あきしのは、ベルギー王国大使館 ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁日本代表のご縁をいただき、思いがけずベルギー王国で、私どものめざす「五感を感じる」京料理と、ベルギーのミシュラン1つ星フレンチレストラン「アラベル・メイルラン」との饗宴を果たすことができましたことはこの上ない光栄なことであり、大変貴重な経験をさせていただいたと関係各位に心から感謝申し上げます。

振り返りますと、平成3年この京都祇園で創業させていただいてより27年間、無我夢中で走り続けてまいりました割烹 祇園あきしのも、本年4月に京都ホテルオークラ店を従業員に承継して一つの節目を迎えたように思います。

現在本店を守ってくれている従業員たちにとって、フレンチレストランとの饗宴はもちろん初めての経験でした。ベルギーという遠い国での今回の饗宴は、先方の厨房器材、食材、食器も勝手が違い、わからぬまま自分たちで献立を考え、段取りを組むことから始まりました。

自分たちが与えられた環境の下で最善を尽くすという体験をした彼らには一段の成長を期待したいと思っています。

また私自身も、割烹 祇園あきしのが、これまでめざしてきた「五感を感じる」京料理が、アラベルさんが提供される薬膳とも思える、野菜をふんだんに使ったフレンチに通じるものを感じましたし、アラベルさんが日本が誇る世界文化遺産「和食」の良いところを取り入れておられるのを拝見して、世界に通じる日本の確かな技術と食材を誇りに思うこともできました。

帰国して時間が経つにつれ、この饗宴が大きなきっかけとなって、割烹 祇園あきしのは何やら新たな一歩を踏み出したのかもしれないと日増しに感じます。これからも従業員一同、精進してまいりますのであいかわりませず、ごひいき賜りますようお願い申し上げまして、ベルギー出張の報告とさせていただきます。

最後になりましたが今回このような機会を与え、全面的にご協力ご支援を賜りましたベルギー王国大使館の皆様に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

平成29年11月吉日

女将 坂根 良枝

ベルギー王国日本大使館 http://japan.diplomatie.belgium.be/en
アラベル・メイルラン http://www.arabelle.be/

2017.11.08

ベルギーの地方紙に当店が掲載されました

ベルギーの地方紙に、当店の京料理とベルギーの1つ星フレンチレストランの競演に関する記事が掲載されました。

ベルギーの地方紙 あきしの

2017.10.26

京都新聞(2017年10月26日付)に当店が掲載されました

京都新聞(2017年10月26日付)に、当店の京料理とベルギーの1つ星フレンチレストランの競演に関する記事が掲載されました。

京都新聞(2017年10月26日付) あきしの

2017.10.11

11月1日(水)京料理とベルギーの1つ星フレンチレストラン夢のコラボ企画!
「割烹 祇園あきしの」×「アラベル・メイルラン」

割烹 祇園あきしの(社名:有限会社あきしの・京都市東山区祇園・代表取締役 坂根 良枝)は、ベルギーの女性シェフの中で唯一ミシュランの星をもつ、野菜中心のやさしいフレンチレストラン「アラベル・メイルラン」(ベルギー王国)とのコラボ企画として、2017年11月1日(水)ベルギー・ブリュッセル郊外の同店にて、「京料理×ベルギーのやさしいフレンチ」ワークショップを、ベルギー王国大使館 ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁の協力のもとに開催いたします。

主催:割烹祇園あきしの・Arabelle Meirlaen
協力:ベルギー王国大使館 ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁
日時:2017年11月1日(水)
会場:「Arabelle Meirlaen」Chemin de Bertrandfontaine 7,4570, Marchin Belgique
http://www.arabelle.be/
内容:アラベル・メイルランのフレンチと、割烹 祇園あきしの の京料理との饗宴
参加者:招待客約30名(日本からのツアー客数名含む)

割烹祇園あきしのは創業27年目を迎えます。日本の和食がユネスコの世界文化遺産に登録されて4年、発酵食品や素材を活かす、健康によい和食が世界的に知られるようになりました。
このたびベルギー王国大使館 ワロン地域政府貿易・外国投資振興庁のご縁で、野菜中心、昆布だしや味噌など和食で使われる素材を使われる、ベルギーの女性シェフで唯一、ミシュラン一つ星を持つフレンチレストラン「アラベル・メイルラン」さんとコラボできる機会を得ることができました。
当日は現地のお客様と日本からの参加者に、素材を活かした体にやさしいフレンチと京料理をご堪能いただく予定です。

2013.10

「Dari K 祇園あきしの店」が10月2日にオープンしました。

「Dari K 祇園あきしの店」が10月2日にオープン

インドネシアのスラウェシ島からカカオ豆の輸入・自家焙煎からチョコレートの製造までを一貫して手がけるDari K(ダリケー)株式会社(京都市中京区 代表取締役:吉野慶一)は、3店舗目「祇園あきしの店」を京都・祇園にオープンしました。京都商工会議所のマッチングにより、祇園の老舗割烹「あきしの」と出会い、祇園の店舗オープンが実現しました。

■店舗詳細
Dari K(ダリケー)祇園あきしの店
TEL: 075-803-6456
住所:〒605-0821
京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る清井町492-22(春秋あきしの隣)
営業時間: 11:00~19:00
定休日:毎週月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日)

■お問い合わせ先
Dari K (ダリケー)株式会社
代表取締役 吉野 慶一
Tel:  075-803-6456
E-mail: info@dari-k.com

Dari K ホームページ
京都商工会議所 知恵産業推進室ブログ

2013.6

京都商工会議所発行『京商ニュース』第72号に掲載されました

2012.11

西日本出版社『京都毎日手帖2013』

西日本出版社『京都毎日手帖2013』の「2013 師走」特集にて、当店の朝焚きちりめん山椒が紹介されました。

2012.9

小学館『サライ 2012年10月号』

小学館『サライ 2012年10月号』の「夫婦で行くカウンター割烹」特集にて割烹あきしの祇園店が紹介されました。

2012.3

世界文化社『家庭画報 2012年3月号臨時増刊』

世界文化社『家庭画報 2012年3月号臨時増刊』の「春爛漫 料理屋からの春の味」特集にて、当店の朝焚きちりめん山椒が紹介されました。

2011.7

世界文化社『家庭画報 2011年8月号』

世界文化社『家庭画報 2011年8月号』の「わたくしの京都」特集にて、木田安彦さんが今一番好きなものとして、割烹あきしの祇園店のふかひれうどんが紹介されました。

Copyright© Akishino All rights reserved.