「祇園あきしの」たより No.24 2020年1月28日号 女将の祇園日記


如月は、衣をさらに重ねることから「衣更着(きさらぎ)」となったとの説もあり、旧暦の如月は、いまの3月にあたり、暖かくなりはじめの頃です。草木が更生するので「生更ぎ」、陽気がよくなり始めるので「気更来」、草木の芽が張り出すので「草木張月」とも云うそうで、森羅万象あらゆることに意味があるのねと感動しました。


では「節分」の意味は?と調べたところ、季節を分ける日を指す言葉「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれの前日が節分でした。今では節分といえば「立春」の前日を指すそうです。


ますます興味が沸いて、ではでは、私の故郷のお酒で獺祭(だっさい)という、ここ数年有名になった日本酒の名前の由来は何でしょうと、教えて頂きました。獺(かわうそ)は捕らえた魚をなかなか食べようとせず、川岸に並べる習性があり、これが、お祭の時の御供えもののように見えた所からできた言葉。古くは中国、七十二候で「獺祭魚」が雨水の初候だそうです。


日本語は長い歴史にこなされて連綿と現在に続いているわけで、本当に奥深く、うつくしい言葉なのでこれからも大切にしていきたいと思います。


令和2年は暖冬にはじまり、これから雨もどうなることやら。オリンピック・パラリンピックも目が離せませんね。

今年も、何かおもろい事はないかしらと、好奇心いっぱいでキョロキョロする年になりそうです。


つづく

12回の閲覧

― 祇園あきしの ―

住所:〒605-0073

   京都市東山区祇園町北側279-11

   (花見小路通富永町東入ル)

TEL:075-525-3555

FAX:075-525-3935

Email:info@gion-akishino.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

Copyright© Akishino All rights reserved.