「祇園あきしの」たよりNo.13 2019年2月26日号 女将の祇園日記


早春の息吹を梅や桜の花に、卒業・入学のシーズンに思いをはせる季節になりました。

先日、モナコからニース、マルセイユと旅してきました。最後はパリに入って食料品を求めて街を歩き回ったり、レストランで食事したりと、リフレッシュする貴重な時間を過ごさせていただきました。気がつけば1日22,000歩も歩いておりました。

モナコ・南フランスは・・どこを歩いてもオフ・シーズンということもあって、工事中のところが多かったり、人もまばらで本当にゆっくりできてよかったです。

京都の下宿で初めて見上げた空と同じコートダジュールの青い空。私の眼には同じ空に思えました。「初心忘るべからず」これまでお支えくださった皆々様へのあらためて感謝の気持ちが沸き上がりました。

それにしても携帯電話にはびっくりです。来店のご予約や、ちりめん山椒のご注文をモナコや南フランスの街中でお受けできるとは!電波が安定せず少しお返事が遅れた方には、ご迷惑をおかけ申しました。実は、モナコと南フランスからでございました~(笑)。

つづく


48回の閲覧