― 祇園あきしの ―

住所:〒605-0073

   京都市東山区祇園町北側279-11

   (花見小路通富永町東入ル)

TEL:075-525-3555

FAX:075-525-3935

Email:info@gion-akishino.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagramの社会のアイコン

Copyright© Akishino All rights reserved.

October 29, 2019

September 24, 2019

Please reload

最新記事

「祇園あきしの」たより No.21 2019年10月29日号 女将の祇園日記

October 29, 2019

1/10
Please reload

特集記事

「祇園あきしの」たよりNo.4 2018年5月29日号 女将の祇園日記

May 29, 2018

新茶の季節となりました。

京都は宇治茶が有名です。私が京都で最初に入ったお店は、祇園の都路里さんで、煎茶の入れ方や温度計に目を見張って興味深々、あれからもう40年になりました。

それをきっかけに、染色作家を夢見る一方で、元来食いしん坊の私はスイーツ本やグルメ本を見ながら、片っ端から食べ歩きが始まりました。インカ料理、スペイン料理、フィンランド料理とジャンルは様々。その頃はスイーツと云ってもお店毎にパフェやケーキ、葛切りや和菓子を食べ歩く程度でしたが、祇園店を始めた当初3年間に200件以上の料理屋、レストランに行ったのがなつかしく思い出されます。

また、「祇園あきしの」ではお茶も大切にしており、御飯には京番茶、最後のデザートには丹波の黒豆茶をお出ししております。

 

 

この度、日本の伝統・文化の継承と保存を目的とした、NPO法人・和の学校刊行の「味の手帖」5月号に、佛教大学教授・民族歴史学者の八木透先生が[あきしのちりめん山椒]を御紹介頂きました。

最後に、八木透先生に感謝申し上げます。

 

 

  

Share on Facebook